/や/
 

 
ヤレ紙(やれし)
  “ヤレ”と呼ばれる。印刷量産の前に紙にインクをなじませたり、インクの色を調整してチェックするためにロスする損紙のこと。
UVインク(ゆーぶいいんく)
  通常インクに比べ耐光性に優れる特殊インク。UV印刷後に耐光ラミネートと組み合わせることで、屋外で何年も使用できる印刷物を製作することができる。
UV印刷(ゆーぶいいんさつ)
  紫外線を照射して硬化させる特殊なUVインクを使う。皮膜が強く、印刷直後に加工を行う必要がある場合などに利用する。強度が必要な屋外用のフィルム、プラスチック、金属などにも使用。
UVクリア3D印刷(ゆーぶいくりあすりーでぃーいんさつ)
  盛り上げインクのパターンにより立体的に見える印刷のこと。
ユポ紙(ゆぽし)
 

ユポ・コーポレーション開発の合成紙。石油を原料に作られており、破れにくく耐水性がある。ミニのぼりの印刷に良く使われる。

横目(よこめ)
  紙の繊維が流れている方向に対して垂直方向。繊維の流れの方向(縦目)と比較して温度、湿度に敏感で伸縮差が大きくなる。
 
 
 
 
 



ページトップ

(C)Since.1891 TaiyoMark,All rights reserved.