/た/
 

 
耐光インク(たいこういんく)
  日光(紫外線)よる退色が普通のインクより少ないインク。屋外用の看板やマークの印刷に利用される。
耐光性(たいこうせい)
  印刷面が屋外の直射日光にさらされる場合に(看板、ロゴステッカーなどマーク類など)どのくらいの期間、色褪せずに残っているかを示す。黒色は比較的残りやすいが赤は色飛びしやすく消えて無くなるケースも多い。
耐光ラミネート(たいこうらみねーと)
  日光(紫外線)よる退色が普通のインクより少ないラミネートフィルム。
耐刷力(たいさつりょく)
  刷版が印刷に耐える能力のことで版寿命の長さのこと。
台紙(だいし)
  プレス加工時に利用する厚紙の下敷きの意味で使われたり、印刷製本の分野では原稿の入稿や印刷スケジュールを管理するシートの意味で使われる。
ダイレクト刷版(だいれくとさっぱん)
  CTPと同じ意味で使われ、コンピュータ制作されたデータをプレートセッターという機器を通して直接刷板として出力するシステムのこと。
多色刷り(たしょくずり)
  複数の色のインクを重ねて刷ることで、カラフルな印刷物を作成する方法。
タック(たっく)
  糊付き材料のこと。ステッカー印刷に利用。
タック紙(たっくし)
  ステッカー製作などに利用する粘着ラベル。
縦目の紙(たてめのかみ)
  紙の繊維方向が長辺に平行な紙をいい、この方向は湿度に対する伸縮が小さく安定している。
打抜き加工(だぬきかこう)
  打ち抜き加工。ポンス抜きに代表されるように、印刷物を専用の金型を当てて圧をかけて抜き切る。
ダブリ(だぶり)
  印刷機の調整不良などで網点や画線が二重に印刷されること。
断裁(だんさい)
  直線に断ち切ること。
チヂミ加工(ちぢみかこう)
  シルク印刷直後にUV照射することで照射地点から順にインクがちぢんで特殊な凹凸面ができあがる。アルグラスなどの素材が良く使われ、高級感、立体感がでる。
畜光インク(ちっこういんく)
  暗所で光る。インクに入っている顔料の特性で昼間に光をためておき夜間に光らせることができる。
蓄光パウダー(ちっこうぱうだー)
  暗所で光る。顔料の特性で昼間に光をためておき夜に光らせることができる。パウダー状なので塗料に混ぜて使う。
DTP(でぃーてぃーぴー)
  Desk Top Publishingの略で、かつて紙面上で行われたデザイン・レイアウトなどの作業をパソコンで行って、電子データを印刷所に持ち込むこと。机上出版。修正、コピーといった作業が容易になり大幅に効率化された。
低解像度(ていかいぞうど)
  データが軽くなるが、解像度が低くなり画質が粗くなったもの。
ディック(でぃっく)
  DIC番号と呼ばれることが多く、よく使われる。カラーチップ表の事。印刷注文時に番号などで指定する。
DIC番号(でぃっくばんごう)
  広く使われているカラーチップ表の事。印刷注文時などに番号などで指定する。
転写シール(てんしゃしーる)
  トムソン加工などによりハーフカットされた印刷ラベルで、一度貼り付けた後、剥がして切り取ったラベル部分だけを残す。

転写シールについて

特色(とくしょく)
  あらかじめ特定の色に調合されたインクのこと。“スポットカラー”とも言う。先方の指定色がある場合や、CMYKのフルカラーでは2色以上の掛け合わせをすると彩度が低くなり発色が悪いので、そういった場合などにも利用する。インクメーカーごとに調合比率は決まっていて、各社のカラーチップを見本にしてインク色を指定する。
綴じ代(とじしろ)
  平綴じなどの際の綴じる部分の余白。
凸版印刷(とっぱんいんさつ)
  活版の代わりに感光性樹脂を刷版に用いるもので、週刊誌のモノクロページなどに利用される。
トムソン加工(とむそんかこう)
  打抜き加工とも言う。スポンジの入った専用の木型を使ってステッカーなどを全て抜き切らずに半抜き(ハーフカット)する。
トンボ(とんぼ)
  製版や印刷の工程で基準となる十字マーク。レジスターマークともいう。
 



ページトップ

(C)Since.1891 TaiyoMark,All rights reserved.