/さ/
 

 
再校(さいこう)
  初校で発注者の直しが入り、再度校正刷りを行なうこと。またその校正したもの。
刷板(さっぱん)
  印刷機にかけるのこと。製版フィルムを使って作られる。刷版の工程でPS版が作られる。
仕上がり寸法(しあがりすんぽう)
  印刷物として仕上がる寸法をいい、JIS規格によるA判B判がある。
CMYK(しーえむわいけー)
  シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色のことでフルカラーの印刷物を作るときに利用するインク。プロセスカラーとも言われる。
CTP(しーてぃーぴー)
  computer to plateの略。コンピュータ制作されたデータをプレートセッターという機器を通して直接刷板として出力するシステム。ダイレクト刷版ともいう。
CPパネル(しーぴーぱねる)
  パネル両面に印刷されたコート紙などを張り付けて補強したパネル。
シーリング印刷機(しーりんぐいんさつき)
  ロール状になったタック紙に印刷し、必要に応じて型抜き→カスとりラミネート処理など一気にやってしまう特殊印刷機。 オフセット印刷機とも似ているが、画質が少々粗くなるので食品の表示ラベルなど印刷品質を問わないものに利用する場合が多い。
示温インク(しおんいんく)
  温度により変色(透明色)する特殊インク。
樹脂盛り加工(じゅしもりかこう)
  ポッティングという。水玉が落ちたような立体感がでる。

ポッティングについて

上質紙(じょうしつし)
  光沢をおさえた紙で、製造の際に樹木の繊維に含まれる「リグニン」という成分が取り除かれている。この「リグニン」が残されたものは中質紙と言われ、やや白みは無くなる。
初校(しょこう)
  一番はじめに作成される校正刷り
シルクスクリーン印刷機(しるくすくりーんいんさつき)
  版材にシルクを使った印刷方法。現在は化学繊維の糸で織った布を使う。紙・布・曲面ガラス・金属・木材など材料を選ばずに多くの媒体に印刷が可能。インクがぶ厚く高級感があり、耐久性が強いため屋外の印刷物でも安心。写真のような印刷物は苦手でベタ塗がメイン。 両面印刷が可能。
シルク用印刷機・シリンダープレス(しるくよういんさつき・しりんだーぷれす)
  1時間に3,000枚位刷れるシルク印刷機
シルク用印刷機・スペチア(しるくよういんさつき・すぺちあ)
  1時間に100枚位刷れるシルク印刷機
シルク用印刷機・マット(しるくよういんさつき・まっと)
  1時間に400〜700枚位刷れるシルク印刷機
四六全(しろくぜん)
  紙のサイズ788mm×545mm(B5用紙×8枚分)のこと。
四六判と菊判(しろくばんときくばん)
  どちらも用紙サイズの規格で、四六判は江戸時代の“美濃判”という紙のサイズがはじまり。美濃判は徳川の御三家のみが使うことができた由緒正しい規格でもある。寸法が四寸二分×六寸二分だったことから、四六判と呼ばれるようになる。対して、判は明治に新聞用としてアメリカから輸入された紙がもとになっている。このサイズの洋紙を販売する際の紙を扱う会社の商標がダリアという花で、菊の花に似ていること、皇室の紋章が菊であることが理由で商品名が「菊印」になり、後に判と呼ばれるようなった。
スクラッチインク(すくらっちいんく)
  スクラッチカード用の削れるインク。
スポットカラー(すぽっとからー)
  あらかじめ特定の色に調合されたインクのこと。“特色”とも言われる。先方の指定色がある場合や、CMYKのフルカラーでは2色以上の掛け合わせをすると彩度が低くなり発色が悪いので、そういった場合などに利用する。インクメーカーごとに調合比率は決まっていて、各社のカラーチップを見本にしてインク色を指定する。
3D印刷(すりーでぃーいんさつ)
  目の錯覚を利用して立体的に画像を見せる印刷法。
製版(せいはん)
  校正刷版など印刷前段階での工程を総称して、こう呼ぶ。
製版フィルム(せいはんふぃるむ)
  印刷するときに必要になるフィルム。
背固め(せがため)
  綴り終えた本文の背に接着剤を塗布し折丁を互いに接着させる作業。
セパ(せぱ)
  セパレート紙のこと。ラベル下面の離型紙。シールの捨てる部分。ワサビ、黄色(黄セパ)などの種類があり、それぞれコシや裏の粘着力(ブロッキング防止)が違う。
セパレート紙(せぱれーとし)
  タック紙などのラベルの裏に付いている離型紙ワサビ黄セパなどの種類がある。
損紙(そんし)
  印刷作業中に仕損じを生じて製品として使用できなくなった紙のこと。別名「ヤレ紙」。
 



ページトップ

(C)Since.1891 TaiyoMark,All rights reserved.