あ/
 

 
アート紙(あーとし)
  光沢のある用紙で写真印刷に使われる。両面アート紙と片面アート紙がある。
アタリ(あたり)
  写真やイラストの位置と大きさや形がわかるように、版下や指定紙に入れます。りんかくの罫線(アタリ罫)、あるいは絵柄のコピーなどを切り貼りしたものです。DTPではスキャナで読み込んだ低解像度の画像をアタリとして入れておくことで、校正もでき、製版指定の目安となります。
アタリ罫(あたりけい)
  写真やイラストの位置や大きさ、形を示すために版下に引く罫線のことで、(印刷後の抜き加工などの目印として)あくまで製版のための目安のみで印刷されない。
アッセンブリ(あっせんぶり)
  印刷された立体物を組み立てる作業。
網点(あみてん)
  印刷物で色の濃淡を表現するために用いられるドット(点)の集合体。同じカラーでも網点の間隔を狭くして点の面積を大きくすれば色は濃く見え、逆に間隔を広くとって点を小さくすれば、色は薄く見える。
アルグラス(あるぐらす)
  メタリックで美しいトーンの紙。印刷後にチヂミ加工ができる。
アルミアルマイト(あるみあるまいと)
  アルミニウムの耐食性を上げるために、着色する表面処理。
一色刷り(いっしょくずり)
  単一のインクのみを使って印刷すること。CMYKといったプロセスカラーの一色のみで印刷したり、特別に調合した特色を用いる場合もある。
色校正(いろこうせい)
  色の仕上がり具合を確認することを目的に、前もって出来上がりを点検するために少量印刷すること。
インクジェット印刷機(いんくじぇっといんさつき)
  1〜2枚出しが得意。紙、ポンジ(布)、タック紙の印刷も可能。ただし1枚ずつセットしないと印刷にズレが出る。の制作は不要。
ウェルダー加工(うぇるだーかこう)
  熱を加えて接着させる加工。携帯ストラップなどのアイテム製作に。
裏移り(うらうつり)
  印刷直後積み重ねられた際に、裏面へ印刷インキが付着すること。裏付きブロッキングとも言われる。
ウラケイ(うらけい)
  一番太い0.4mm巾の罫線のこと。
裏付き(うらつき)
  印刷物を重ねた際に、インクが剥がれて裏面にはり付くこと。ブロッキング裏移りとも言われる。
A判(えーばん)
  A4、A5に代表される用紙の規格。2つ折りごとにA3→A4→A5となる。A4が8枚分で菊全
塩ビ(えんび)
  ポリ塩化ビニール。一般的なプラスチック(合成樹脂)の1つで加工に良く用いられる。ポッティング加工などの際に裏面に塩ビ素材を用いれば、やわらかく伸び縮みしやすいポッティングシールが製作でき、裏面に金属を利用した場合には銘板となる。
塩ビウェルダーマーク(えんびうぇるだーまーく)
  若葉マーク、紅葉マークなど
エンボス(えんぼす)
  シートに様々な模様を型付けすること。
追い刷り(おいずり)
  印刷物を刷り終わった後、再度追加で同じ印刷物を印刷すること。
凹版印刷(おうはんいんさつ)
  印刷技術のひとつで、版に図像を削り込んで、ミゾに流し込まれたインキで印刷物へ圧力を加えて転写する印刷技術。転写された印刷は通常の印刷とことなり山のように盛上る。一万円札の「壱万円」は凹版印刷。
OP袋(おーぴーぶくろ)
  一般的にはOPP袋もOP袋もPP袋も同じものを指す。いわゆるビニール袋。
OPP(おーぴーぴー)
  防湿に優れており、湿気を嫌うものを守る際に使用。OPPテープなど良く梱包資材で利用される。オリエントポリプロピレンの略。
オフセット印刷機(おふせっといんさつき)
  多色刷りが出来るので写真印刷は得意。ただ、耐光性が悪く分厚い材料も通らない。版材につけたインクをいったん別のパッドに転写(オフ)して、改めて印刷素材に転写する。が直接印刷素材に触れないので、版の傷みが少ない。
(おり)
  二つ折、三つ折、観音折など様々な折り方がある。
折丁(おりちょう)
  印刷を終えたを、実際の仕上がりの大きさになるまで折りたたんだもの。製本の単位。4の倍数のページを一枚の紙に印刷し、これをページが順に並ぶように折って一冊の本に仕上げる。
オンデマンド印刷機(おんでまんどいんさつき)
  インクジェットタイプとは異なり、レーザーでトナーを焼き付けて出力する。両面印刷が可能。印刷の際に必要になる刷版制作が不要のため、比較的短納期で対応することができる。
 



ページトップ

(C)Since.1891 TaiyoMark,All rights reserved.